音楽制作ソフトウェア

ようやく注文していたものがきたので紹介。

worker

構成としては

  • SONAR X3 PRODUCER
  • FL STUDIO SIGNATURE BANDLE
  • KOMPLETE 9 ULTIMATE
  • XG Works 4.0

となっている。これだけでソフトウェアは31万円ほどする。

FL STUDIOは、私のデモヴォーカルでフォルマントをいじるため、X3でV-Vocalがなくなってしまった(そして、私はX2を持ち越すことができなかった)からだ。そこでFL STUDIO + Newtoneで対処するのだ。

新規に立ち上げたため、新しいというのもあるが、非常にアマチュアっぽい。プロのチョイスというよりは、凝ったアマチュアのチョイスといった感じがするのだ。だが、プロのチョイスというのは、やたらコストがかかる上に使いにくいことが多く、アマチュアのようにシンプルかつ筋の通った構成をしたほうがスマートな環境ができあがる。

細かい部分は抜きにして、クオリティを担保した作品をスムーズに作るために必要なものが一通り揃う。SONAR X3 PRODUCER自体がだいたい網羅しているが、それではそれでできる範囲に限られてしまう。KOMPLETEが音作りの幅を広げてくれる。これでちゃんと仕事ができるはずだ。

私はこれにさらにChromaphoneを追加する予定だ。これは音色に不足部分があり、それを補うのに全く毛色の異なるこれでカバーしようというわけだ。

ちなみに、XG Worksは昔使っていたもので、ドラムのエディタが非常に使いやすく、今でも使うことがある。

About haruka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です