ケータイなしの生活について

私は今ケータイ類を持っていない。Nexus 7(Wi-Fi,2012)とWi-Fiルータはあるが、接続がそれなりに手間で、バッテリーがつなぎっぱなしを許ささないので手間だし、そうそうさくさく使えるものではないため、実際にリアルタイムコンタクトに使うのは現実的ではない。ましてや歩きながら使おうとは思わないし、隙間時間にさえ使うのは難しい。バスや電車の待ち時間がせいぜいだ。どちらかというと調べもののために利用している。

その生活、どうかというと、不便だったり、不安だったりするが、自分のペースを乱されたり、不利回されることがないため、建設的かつ生産的な生活になる。また、お金がかからない。

ただし、世の中電話番号を求めるケース、さらに言えば煙ー耐の番号やメールアドレスを求めるケースは非常に多いが、私は電話事態もつていないため、これに対応できず、不利益を被ったり、偏見にさらされることがかなり多い。周囲が何を言おうが自分のスタイルを貫く、といしう強さがないとやっていられない。

今の私がつながりが弱いから、というのもあるかもしれないが、自己の境界をこくすることも、必要だろう。もっていなければそれいで傷つけることも減るのだし。

About haruka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です