Marantz Pro. MPH-2 と Status Audio CB-1

私が愛用していたリスニング用のヘッドフォンが壊れてしまったので、新しく2本ほど調達した。

モニター用ならUltrasone Signature Proがいいが今回は普段遣いだし、憧れとしてはEdition 15が欲しいけれどさすがに40万は高すぎるし…というわけで、「安めでいいヘッドフォンはないかな」というのがテーマだった。

私は耳が敏感なので、ヘッドフォンの長時間着用は結構厳しい。 昔はできたけれども、今は仕事でも大部分は外していて、確認のときできるだけ最短時間着用しているような状態だ。 負担は少ないほうがいい。とにかく疲れない、かつリスニングが嫌な気分にならないヘッドフォンが欲しいと考えていた。

Marantz Professional MPH-2はマランツプロのオーバーヘッド型ヘッドフォンだ。 私が購入したときはクーポンつきでも7000円ほどしたが、現在Amazonでは6000円弱で購入可能

一方、Status Audio CB-1はあまり日本では知られていないStatus Audioというところが作っているモニターヘッドフォンだ。 Amazon.comのほうでは大変高いレビューがついているし、YouTubeなんかにも動画は多いのだが、日本語レビューは全くないという状態だった。 こちらは私が購入したときは5000円ほどだったが、現在は高騰し14000円ほどになっている。

ヘッドフォンは100円から百万円近くまである世界なので価格帯を説明するのはとても難しいが、5000円前後ということで「安いヘッドフォンの中では高め」ぐらいに位置するヘッドフォンである。 音を楽しみたいなら最低限出したいレベルで、その価格でいいヘッドフォンに巡り会えるかはだいぶ賭けになる(賭けに勝てば結構の満足が得られる)くらいだといっていい。ここから「安いヘッドフォンの中では高い」に位置する8000円前後のものまでは状況はあまり変わらない。

まとめて言及するのは、「かなり似ていたから」だ。

MPH-2は50mmドライバなのでかなり大きい。おかげで耳が押されないし、パッドがむにゅっと包み込むので耳が楽。 なかなかいい形をしていて、フィット感も高い。全体にクッションが厚いわけではないけれど、コシがあることと相まってなかなか快適なつけ心地になっている。

CB-1は普通に40mmドライバでクッションはもう少しやわらかくて厚みがある。 こちらのほうがつけ心地が軽くて楽なのだが、私は40mmだと耳に当たってしまうのでちょっと痛い。 あとこちらのほうが密閉度が高くて(MPH-2も密閉度高め)耳が蒸れる。

CB-1もフィッティングは良好。CB-1の首振りは離すと元の位置に戻るようになっていて、内側に折るのもほどほどな仕様。 MPH-2は180度首振りするが、折れるのは一方向だけ。折ると2箇所でとまる。

接続は両方とも3.5mm ステレオミニであり、ドライバーから真下につなぐ構造。抜けやすいが邪魔にはなりにくい。 MPH-2は専用プラグによりねじって固定するタイプ。CB-1はツメがついていて抜けにくくなっている。 MPH-2は専用プラグを使わない場合簡単に抜けてしまう。ほぼ専用ケーブルの感覚だ。 CB-1は専用プラグを使わなくても実用的な固定度合い。この点はCB-1のほうが好ましい。 なお、ねじってがっちり固定するMPH-2も強く引っ張ると抜けるようになっている。

音質は似ている。 ほぼ「MPH-2は若干高い」「MPH-2のほうがドライバーが大きい」で言い表せるものだ。

抵抗の差でCB-1のほうが音は大きめに出る。そして、低音もCB-1のほうが若干強い。 ただ、CB-1のほうが音は平板で立体感に乏しい。 MPH-2のほうは音が若干遠いものの立体感があり心地よい。

EDMならCB-1のほうが気持ちいいし、ピアノならMPH-2がいい。 ただ、全体的に言えばMPH-2のほうが良い音だと思う。 好みの問題はそれほど大きくない違いで、問題はやはりCB-1の表現力のやや不足な部分と平板さが問題だ。

音のタイプ的には割とフラットで、モニター寄り。 エンジニアが使うのは無理めだけど、クリエイターがモニターとして使うのは普通にいけるレベル。 マランツってリスニングのイメージしかなかったので、こんなフラットな音出してくるんだ、と驚いた。

結論としてはどちらも価格からすれば大当たり。 ヘッドフォンをはじめてちゃんと選んでみたい人、いいヘッドフォンは持ってはいるものの、普段遣いや楽器用に安めなのが欲しい人どちらにもおすすめできる。

なお、MPH-1はMPH-2と比べてかなり安っぽい外観で、あまり期待はできなさそうなものであった。

About haruka

主宰。
音楽家であり計算機使いであり、ライダーであり声優でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください