福岡女児連れ去り事件

もう何度みたか分からない「極悪人」と「なんの落ち度もないかわいそうな人」図式にうんざり以外出てこない。

「女の子を狙った」とか「容疑を認めている」とかそれが空疎極まりないことがなぜ理解できないのだろう?

どういう状況だった?どのように声をかけたのか。いつから面識があったのか。女児に抵抗はあったのか。女児の意思はどうだったのか。家族関係はどうだったのか。真実は何も分からない。

そもそも「相談していた」というのは本人ではないし、少なくとも本人はそのように「警察に踏み込まれるような事態」であるという認識はなかったわけだ。ということは、本人からみた時「危害を加えられた」認識はないことになる。ということはなぜ本人の希望という可能性を考えない?面識の後に徐々に関係を深めた可能性は大いにあるのに。

大体、本人の意思や認識、本人が何を言っているかということが一切出てこない。11歳ともなれば相当に強い自我と思慮があるはずだが、ペットか何かだとでも思っているのか?出てくる頃にはお仕着せをあたかも本人から出てきたように言うのだろう。馬鹿馬鹿しい。

真実を隠してどうするのだ。

About haruka

主宰。
音楽家であり計算機使いであり、ライダーであり声優でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です