Source: Twitter RT 彼女を逃して犠牲に

彼女が知らん男に襲われそうになって 彼女に「逃げろ」ってゆうて逃がして、自分が犠牲になってんて。首とかすごい刺されてたらしい。サイトとかで、不良やから殺されて当然とか書いてる人もいたけど、自分犠牲にしてまで大切な人守るって凄いて思った

RTで出てきたがツッコミたい。

まず、男性が死んだのか生きてるのか全く不明だ。

次に、このような状況において未来の予見可能性は多くの場合高くない(状況によるが、これでは状況は分からない)。つまり、自分がその行動をとれば殺される、という予見があって行動するわけではない。見捨てるよりは助けるほうが「楽」だし、彼女を逃すという行動は男性において最も一般的なものであるはずだ。私であればもっとスマートに対応するが、それは能力と状況によるため、共に助かる選択肢がとれないのならば、彼女を助ける道を探るだろう。

当然ながら、選び難いのは、それが何を意味するか理解し、それについて考える時間が十分にあり、選択後もその選択を問われつづけるような場合に選択することだ。これは、どちらも重ければ選択すること自体ができない人が圧倒的に多い。彼女はしょっちゅうこのような状況を問われている。

とはいえ、男性はかなり義理堅い人が多いため、予期せず妊娠した、というようなケース(重大で、その意味を理解し、かつ考える猶予がある)でも問題からの逃避を図る人は恐らくかなり少数派だ。ましてや、勢いでいけてしまうこのような状況で遁走するような男性はかなり少ないと思われる。ちょっとそれは見くびりすぎだ。愛情がすごく深いかどうかよりも、自分が保有するものに対する執着のレベルであってもそうだし、それは自然な情動だと言っていい。

本当に愛しているのであれば、このあとの彼女のことも考えるべきだ。彼女にとってはトラウマになりかねない。もちろん、執着が薄く義理だてる気もない女性は多いが、ずっと責任を感じてしまう可能性だってあるだろうし、彼女が永続性がある形で彼を愛していたなら、彼女に彼を失った傷だって残る。

本当に愛していて、共に生きていきたいのであれば、そのような状況を想定し、それについて考えておいた上で彼女ともその場合の対応について話し合っておくべきだ(私はそうしている)。また、そのためにトレーニングを重ねることも必要。状況判断力を鍛えることも必要。愛すればこそ、そのために努力できるのではないのか。

また、不良やから殺されて当然とか書いてる人もいたけど とそれを前提にしたことを言っているが、そんなことを言う人は稀だし、そのごく一部の人の発言が広く受け入れられわるけでもない。匿名なら平気で言う人もいるだろうが、実際にそれが誰であるかを公開して広く公言でもしようものなら人としての評価を失墜させるだけだ。余程の愚か者でもなければそのようなことできまい。

RTだが、若いなぁ、というのが正直な感想だ。

About haruka

主宰。
音楽家であり計算機使いであり、ライダーであり声優でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です