モニターヘッドフォン、MDR-CD900STについて

MDR-CD900STを叩く2chのスレッドを見つけた。 そこで言及されていることについて分かっている人と、わかっていない人の差が激しく、おかしな情報になっているので、少し情報として整理したいと思う。

まず、MDR-CD900STというのは、長く日本のスタジオ定番であり続けているモニターヘッドフォンだ。

プロフェッショナルユースというと、「音がいい」イメージをもつかもしれないが、そうではない。そもそも用途が違う。 一般用途(リスニング)では基本的には「良い音で聴く」というのが全てだ。 対して、プロフェッショナルの場合、作る側なのだから、「音が判別できる」ことが最も重要とされる。

音のどこが多く、どこが少ないのか。どのように響いているのか。 正確に把握でき、ちょっとした音の違いも聴き分けられるものでなくてはいけない。

だが、場合によっても違う。制作者にしても、必ずしも全体を把握することを求められているとは限らないのだ。

その一例が、ヴォーカリストが収録時に着用するヘッドフォンである。 このヘッドフォンの場合目的は、もちろんオケ(楽器演奏)を聴くためだが、同時に自分の歌唱を聴くためでもある。マイクで入った音をヘッドフォンで聴くのは、単純にマイクを使わずに聴いているのとは全く違う音になるし、それよりもはるかに高い解像度で聴くことができる。

自分のヴォーカルの問題点を把握して修正することは、プロフェッショナルのヴォーカリストに常に求められるスキルだ。 つまり、自分の癖、音を外した箇所、意図せず強かった、弱かったといったことを正確に把握できるものでなくてはいけない。 レコーディングなので、ミスをしたらあとで修正すればいいとはいかない。それこそ事後に修正するという方法はあるが、基本的にはパーフェクトでなかった部分は「録り直し」だ。

つまり、「声の部分がはっきりと、よりくっきりと」聴こえることが望ましい。 だが、くっきりと強調されて聴こえるのは、美しくはないし、気持ちよくもない。

加えて、収録時はヘッドフォンからの音漏れがマイクに乗ってしまわないように気をつけなければならない。特に、声が小さいヴォーカリストの場合これが問題になることは多々ある。 特にヴォーカルの場合はマイク位置がヘッドフォンに近く、コンデンサマイクだと音漏れを拾ってしまいやすい。 そのため、密閉性(外に対する音漏れ防止)が必要となる。

スタジオヘッドフォンは、ミキサーのためではなく、基本的にはプレイヤー、またはディレクターのためにあるものだ。 ディレクターはプレイヤーのプレイを見ているのでやはり明瞭なヘッドフォンがいい。 一方、エンジニアはミキシングなどを行う場合、普通はスピーカーを使う。 ヘッドフォンだけで通すエンジニアも知っているが。

そのため、まず「プロがミキシングに使うMDR-CD900ST」というのは、すでにその認識が間違っている。

しかも、プロならではの要求は多い。 まず、ヘッドフォンが変わると、製版した時に出来上がる音は同じでも聴こえる音が変わってしまう。 自分の中に基準があり、それを元に判断するものなので、まず音が変わってしまうのはとても困る。 そのため、まず統一することが大事だ。個人で使用する場合は、スタジオで困らないように、という面がある。

しかも、酷使されるものなので、すぐに傷む。 補修部品が出ていて、それが安くなくてはいけない。

また、修理するにしても交換するにしても、物が変わってしまうと困る。 だから、長く作り続けくれなくてはいけない。

同じものを使いつづけられる、しかもそのランニングコストが安い、というのは必要な機能なのだ。 やたら高いモニター機材を使いたがるのは、どちらかというとアマチュアに多い。

これらの条件を満たすものは、やはりSony MDR-CD900STか、VICTOR VA-HX-10かということになる。 高価なSonyのEXをモニターに使っていた人は、先のモデルチェンジで結構困っていた。

制作時においては、ヘッドフォンのみ、またはスピーカーのみというのは、よほど神がかった人か、素人でもない限り、ちょっと考えにくい。 役割が全く違うからだ。

ヘッドフォンは細かな部分を独立して聴くことができる。 曲作りでいうと、各楽器ごとにソロで聴いて確認するのに近い。 私の仕事は作曲・編曲などの割合が高いので、ヘッドフォンを使っている時間が長い。

だが、最終的な音というのは、そのすべてが混ざり合ってその調和をみる必要がある。 音楽は、楽譜だけでは完結しない。ノイズも含めたすべてが混ざり合って完成するものだ。 つまり、「曲」の要素と「音」の要素がある。 その「音」を聴くためには、音を混ぜて響かせてくれるスピーカーが必要になる。

趣味環境の場合、音をちゃんと出すことができないために、スピーカー中心のモニタリングは難しい。 私の場合でも、私はエンジニアリングが仕事ではないので、私が渡す時点ではたいていスピーカーでしっかりモニターしてということはない。

それでも、スピーカーでのモニタリングは行う。ヘッドフォンとスピーカーでは、印象は大きく変わるからだ。 「混ざった時にどうなるか」をみるためには、スピーカーで確認する必要がある。 後半になると、スピーカーとヘッドフォンを行ったり来たりすることもよくある。

モニターヘッドフォンは、主に細部を見るためのものであり、一種拡大鏡のようなものである。「自分が集中したい部分だけが明瞭に聴こえる」必要がある。 これは、レコーディング時において、「もやっとしたオケ」と「明瞭な自分のヴォーカル」のような聴き方をする場合においても、同様のフォーカスをしている。

そして、先に述べたように複雑な条件を要求される。 MDR-CD900STは、既に普及していて、かつ安価で導入しやすい。 修理も容易で、既に35年も使われていてロングライフ、今後もかなり長く作りつづけられるだろうし、部品も供給されるだろうと期待できる。 モニターヘッドフォンとしての機能は十分に備えていて、決して音楽的な音ではないが、それでも聴こうとする音をはっきりと聴ける。 演出がなく、地味で平坦な音は、装飾を省いて聴きたい箇所を聴くには良い。

故の定番であり、別にものすごく優れているとか、 プロが使っているのだから最高のヘッドフォンだとか、そんなことは何もない。

ちなみに、私は以前はMDR-CD900STを使っていたが、今はULTRASONEのHFI-580を使用している。 もっと現代的なサウンドで、かなり低音も出る。EDMをやるにもよさそうだ。 ヘッドフォン作業が多く、エンジニアに頼れない場合も多い私の場合、音声的な方向性から肉付けするところまでをヘッドフォンに頼る。 そのため、解像力がより多いことを求めた。 加えて、音が良いために「気持よく」作業できる。

とはいえ、単純に値段でも倍するものだ。 メンテナンスの難しさや費用、さらに廃盤になる可能性などを考えたら、決してプロフェッショナルな選択ではないのは確かだ。

業務で使うヘッドフォンとして考えた時に求められるものを満たすのがMDR-CD900STである。 考えてもみて欲しい。業務用レトルト食品は、通常のレトルト食品よりもおいしいことを意味しない。

About haruka

主宰。
音楽家であり計算機使いであり、ライダーであり声優でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です