モバイルバッテリー Aukey PB-N37

Aukey

Aukeyというメーカーをご存知だろうか。

Amazonに多くのアイテムを出品しており、主にスマホなどデジタルガジェットに関連したものを扱う。
Amazonでは有名なANKERと名称が似ていること、ANKERと同じ中国のメーカーであることから「ANKERの偽物」という人も多いが、企業としては2005年設立とANKERよりも古い。
ただし、Aukeyブランドは2013年からで新興ブランドである。会社の雰囲気としてはベンチャーという感じらしい。2010年、ebayで2010年、ドイツ売上1位になったことがあるほか、世界初QC2.0 2ポートUSBチャージャーをリリースしたらしい。

中国の深圳市が本社で、ヨーロッパをメインターゲットにしているようだ。

私はVolutzを使っているが、USBチャージャー、及びUSBケーブルを購入する際に候補として検討したことがある。特にバッテリーなど給電関連のアイテムが多い。

Aukeyというメーカーは、日本でも聞くことができるような苦労話が豊富にあるようだ。地道にがんばってきた世界に挑む町工場、という感じか。

中国製品は全て悪い、というイメージを持つ人もいるが、貧乏とキワモノ好きから中国製ガジェットを使う機会の多い私の感覚でいうと、中国製品は真面目に作っているものとそうでないものの落差が激しい。
日本でも粗悪品を売って金儲けしたいと考える企業はある。中華ガジェットは粗悪なもの(ハズレ)か、安価なすごいもの(アタリ)かという感じだ。
だが、すごいものというのは、確実な高品質というよりは、工夫や非常にトリッキーな技術で作られていることが多く、歩留まりや不良も多く、耐久性はいまひとつ、といった印象だ。

Aukeyについては、「中国の真面目な企業」というイメージを持っている。

バッテリー

そんなAukeyより、モニターのご提案をいただき、モバイルバッテリー PB-N37をご提供いただいた。

まず、モバイルバッテリーというものについて解説しよう。

根本的に、バッテリーの容量、重量、特性はほぼ素材で決まり、結局は技術的ブレイクスルーがない限り、容量に対する重量、大きさは決まってしまう。
そのため、容量が同じであれば、大きさ、重さで差別化することは難しい。
携行性を求めれば容量は小さくならざるをえない。

PB-N37は5000mAhというサイズである。

私は20000mAhクラスのANKER製バッテリーを持っている。
これは、Raspberry Pi用に買ったものであり、携行を前提にはしていない。
だが、充電不足のために携行したこともある。しかし、20000mAhは単独で持つと気にならないが、バッグの中にいれると随分とずっしり感がある。容積もある。

ちなみに、リチウムイオンバッテリーは振動を与えると発熱し、膨張の後爆発する。
実際、携行にはあまり向かない。バッグの中でがっしゃんやったくらいで問題になるとは思わないが、空輸時はコーションシールを貼らなくてはならない。

「充電を忘れた場合に予備バッテリーが欲しい」という程度であれば20000mAhもいらない。
iPhone 6sは2750mAh、最強クラスのArrows NXは長時間駆動のために3120mAhのバッテリーを積む。
一方、元々4.0inchとコンパクトな私のWX04SHは2080mAhとバッテリーは小さいが持ちはいい。基本的に、画面が大きく、性能が高くなるにしたがってバッテリーが大きくなっているようだが、モバイルバッテリーはおよそ容量の70%程度給電できるため、20000mAhというと、WX04SHだと7回フル充電できるレベルである。
そこまで激しく使いながら長時間電気が獲得できない生活は、普通はないと思う。

5000mAhは給電量70%で3500mAhというと、大抵のスマホは0からフル充電が可能で、小さいバッテリーを積むものであれば1.5回程度充電できることになる。
5000mAhというと、かなり長時間、激しく使う場合であってもバッテリー切れを防ぐことができる。あるいは、充電を忘れてバッテリーがない状態であっても、フル充電したかのように扱うことができる。

PB-N37

PB-N37は5000mAhの、円柱形のモバイルバッテリーである。

軽量、コンパクト…といいたいところだが、5000mAhというとそこまで軽くコンパクトなわけではない。
口紅並、という触れ込みだが、実際は口紅をイメージしていると、サイズ、重さとも裏切られることになるだろう。
ちょうど手で握るのにちょうどいいくらいのサイズで、ものすごく軽いわけではなく、かといってどうしても気になるほど重いわけでもなく、微妙だ。

携行性を重視するのであれば3000mAhクラスが欲しいところ。携行性を確保しながら安心できるサイズを求めるとこれくらいになる、という感じ。

私は身につけておかなくてはいけないデバイスを非常に多くに持っている。そのため、ジーンズのポケットはいつもフルだが、このバッテリーを入れる分には、かなり膨らむが、円柱形ということで携行しやすい。

だが、もしバッグの薄いポケットにいれたい場合は、板形状のほうがいい。
また、円柱形の欠点として、充電しながらバンドで固定するような使用法が難しい。円柱形は、バッグやポーチ、ポケットに放り込みやすい形状だ。
円柱形であるが故に衝撃を受け流すこともできるかもしれない。

出力はインテリジェントな最大1.5A。Quick Chargeではなく、AiQという独自のもの。
この点については、まだQC対応デバイスが多くなく、簡易なデバイスは対応しないであろうこと、古いデバイスは対応していないことを考えれば、独自のほうが嬉しい。
ただ、1.5Aというと、タブレットでは充電できない可能性があり、急速充電においても2Aクラスには届かない。だが、1Aと比べれば1.5Aは速く充電することができる。2Aあればよかったな、という感じはある。

とはいえ、インテリジェントなおかげでデバイスによってポートを分ける必要もなく、これひとつでまかなえるのは大きなメリットだ。

色はブルーアルマイトで、美しい色だ。
これについては、ファッションを気にする人はコーディネイトに合わないとか気にするかもしれない。シックな黒が好きなのだという人もいるかもしれない。
だが、女性でも持ちやすく、「かわいい色」でもあるので、悪くないと思う。

常時携行するにはちょっとつらいが、必要であることが分かっている時なら持ちのはそれほどつらくない。

About haruka

主宰。
音楽家であり計算機使いであり、ライダーであり声優でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です