Aliexpressで買い物をしてみた

AliExpress。知ってる人のほうが少ないだろう。

中国の通販大手で、中国通販をしようとすると必ず出てくる。
一応、日本語サイトもあるが、単に機械翻訳なので、英語にしたほうがスムーズに通じる。

そんなに分かりにくいことはないと思う。
AliExpressでの買い物手順をまとめたブログもいくつかあるし、分かりにくさでいったら楽天のほうがはるかに上だ。
自転車パーツの海外通販情報局の記事が参考になる。

UIはAmazonに似ているが、基本的にはAmazonで言えばマーケットプレイス相当だから、やはり楽天と同じようなサイトだと思えばいい。
運営は阿里巴巴集団(アリババジタン、日本語:アリババ・グループ、英語:Alibaba Group)だ。アリババというと、中国の体制派企業として新聞なんかでも時々出てくるが、たいてい悪いイメージしかない。

AliExpressは個人での購入というよりは、バイヤーとサプライヤーの交渉の場としてのサイトなのだが、個人でも普通に買える。卸価格なので安い。
日本でも買えるし、Free Shippingが使えたりする。

今回は、日本では手に入りにくい、「中国製品のアクセサリーパーツ」を買ってみた。
製品本体は普通に輸入されてAmazonや楽天で売っていたりするのだが、そのような場合アクセサリーパーツはないことが多い。今回はないわけではなかったが、結構高くて、AliExpressなら1/5の値段だったので、AliExpressを使ってみた。

AliExpress、あんまり評価があてにならず、しかも詐欺が多い、というのが困りものらしい。
ただ、システムがかなりしっかりしている。おそらく、運営側もそれを認識していて、かつそれがAliExpressの経営に大きなマイナスであると考えているのだろう。

消費者気分だと保護されているし、商品は正当なものであるというのが前提になっているが、「中国の業者から買い付ける」と考えれば、そこらへんのセンサーも働くはずだ。
中国の業者が集まるところとなれば、当然問題ある業者も出てくる。それを極力なんとかしようということなのだろう。

時期になると、AliExpressから、物は届いたか?確認してくれ、と連絡がくる。届いていたら確認して、フィードバックを残して(任意)完了。もし届いてなかったら紛争手続きに入るよう案内されている。とはいえ、この時点で届いていなくてはいけないというものでもなく、タイミングは見極めたほうがいいが。

Amazonでも商品がちゃんと届いたかという確認はこない。マーケットプレイスの場合は商品発送が告知されるだけで、発送がなされないと案内がされるだけだ。出品者が発送したといえばそれで終わりになってしまう。
このあたりのフォローは手厚い。AliExpressはオープン紛争においても仲介してくれる。

AliExpressで詐欺にあった場合についてはノラの雑食ブログが参考になる。

まとめると、AliExpressに出品している業者は中国的怪しさだが、AliExpressはそれを前提にできるだけ安心して取引ができるような仕組みを作ろうとしている。
中国通販という範疇ではかなり安心できるサイトだ。

で、今回だが、5ドルくらいのアイテムで、FreeShippingを選択した。
FreeShippingの場合は、sellerの方法で発送され、目安としては30-60日とされていた。この目安は、単にこれくらいに届くよという話ではなく、紛争手続き開始の期限にも関わってくる。
当然に船便だろう、紛争手続き開始の期限が60日なので、50日くらいでオープンするかなぁ、とか思っていたのだが、わずか7日で到着した。

SALでもなく、通常航空便だったようだ。
ちなみに、日本時間で2016-01-20 15:49に支払い完了のメールがきて、2016-01-21 18:51に出荷のメールがきている。素晴らしい迅速さだ。

スモールパーツだが、エアキャップでぐるぐる巻にして小さな箱に入れ、それをテープでぐるぐる巻にしてラベルを貼っている。
きれいな梱包ではないが、十分な梱包だ。
商品のケースには結構な擦り傷があったのと、エアキャップに髪の毛が大量混入していたのがちょっと気になったが、非常に助かったので☆5

About haruka

主宰。
音楽家であり計算機使いであり、ライダーであり声優でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です