33歳の誕生日を迎えて

まず、おめでとうをくださった皆様に心より感謝御礼申し上げます。

去年は誰にも祝福していただけませんでしたから!
生きていること、そこに在ることを肯定されることは、例え義理であろうとも、形式であろうとも、私にとっては本当にとてもとても嬉しいのです。

ありがとうございました。

人とのつながりはとても大切なものだと思っています。

出口の見えない日々をすごしてはおりますが、私が挙げてきた「勝負したい歳」で最後となる33歳、そしていつも革新してきた奇数歳、今年は攻めて攻めて道を拓きたいと思っております。

About haruka

主宰。
音楽家であり計算機使いであり、ライダーであり声優でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です